HOMING ECHO

Kei Hayashi Official Website

迷子の僕に

生まれた街が嫌いだった
退屈な日々が嫌いだった
壊れて止まった時計の針に
気付かない人が嫌いだった

上辺の言葉が嫌いだった
誤魔化しの嘘が嫌いだった
その奥で醜くとぐろ巻いた
本音はもっと嫌いだった

そんな風にして すべて呪った 
自分が何より嫌いでさ

迷わない術を探して
迷い込んだ道の袋小路の先
泣いてた膝を抱えた
弱虫な僕に訪れた奇跡
差し出されたその手の向こうに居たのは
君なんだ 

憎まれるなら愛さない方が
騙されるなら信じない方が
笑われるなら伝えない方が
見失うなら探さない方が

自分を騙すルールで縛った
ハンドルじゃどこも目指せないんだ
いつか谷底に落ちてく針路
それまで気づきもしないまんま

そんな風にして すべて偽って
自分に鎖をかけたのさ

忘れたい そう願うほど
忘れられないものが山ほどあるんだよ
怯えて 足がすくんで
何もできない僕を救い出す奇跡
容易くこの鎖を解いたのは
君なんだ

君なんだ
誰にも探されなかった迷子の僕を
見つけて 連れ出して
名前を呼んでくれたこと
それだけがすべて

迷わない日は無いけど
嫌いだったものは無くならないけど
怯えて 何度も泣いて
それでも僕はまた歩いていけるから
差し出されたその手を強く握っていれれば
繋いでいれれば ずっと 


オフボーカル音源
各楽器マイナスワン音源
※使用の際は必ずFAQをお読みください

Comments are closed.

© 2019 HOMING ECHO

Theme by Anders NorenUp ↑