HOMING ECHO

Kei Hayashi Official Website

メーデー

浮かんでるのが不思議なほどの 
小さい船の上で 
水平線を見つめている 
ずっと救助船を待って

焼けつく日差しに 
隠れるような場所なんて無くて 
渇ききった喉を絞ってまた叫ぶ

メーデー 
助けを呼んでみたってまるで 
こだますら帰ってこなくて 
永遠にも思えるような漂流の果て 
君を探すんだ

雨風に耐える強い体 
鋼のような心なんて 
最初から持ち合わせてない 
みんな同じようなもんさ

凍てつく夜ほど 
星は綺麗に見えると気付いた 
ただの気休めでも 
きっとそれは嘘じゃないぜ

メーデー 
助けを呼んでる僕の目に 
鮮やかな幻が映った 
触れて消えるような不確かなモノさえも 
信じていたいんだ

始まりはいつのことか 
終わる日はいつ来るのか 
知らなくていい 
分かりたくもない 
今 君を呼んでいたい

メーデー 
助けを呼んでる僕にほら 
差し伸べられた君の両手 
永遠にも思えるような漂流の果て 
君を見つけた

ずっと探していたんだ


オフボーカル音源 ※使用の際は必ずFAQをお読みください

Comments are closed.

© 2019 HOMING ECHO

Theme by Anders NorenUp ↑